東北非正規教職員組合は、山形大学職員組合と共同で、有期教職員について、管理職の方々のご意見をうかがうアンケートも実施しました(有期教職員ご自身のアンケートについても別掲しています)。
 大学側が無期転換を回避する目的で強行しようとしている「5年雇い止め」以降、代わりの職員が集まらない、採用できても仕事に習熟するまで大変、など、非常に不安が大きいことがわかります。...

 結果は以下からご覧いただけます。
http://yuunion.lomo.jp/h291011gogai(kanrisyoku%20saisyu).ht…

 なお、pdf版はこちらから。
http://yuunion.lomo.jp/text.2017kanrisyokuanketo(saisyu).pdf


# by tohokuhiseiki | 2017-10-13 09:38 | 山形大学 | Comments(0)

 東北非正規教職員組合は、山形大学職員組合と共同で、山形大学有期教職員アンケートに取り組みました。
 有期教職員の切実な要求、とりわけ、大学側が無期転換を回避する目的で5年雇い止めを強行しようとしていることによる矛盾が浮き彫りになっています。

 結果は以下からご覧いただけます。
http://yuunion.lomo.jp/h290928gogai(saisyu).html

 なお、pdf版はこちらから。
http://yuunion.lomo.jp/text.2017kinkyuanketo(saisyu).pdf


# by tohokuhiseiki | 2017-10-13 09:28 | 山形大学 | Comments(0)

 「山形大学の今のやり方はいたたまれません」とある有期教職員は語ります。他の会社で整理解雇された時には、会社に本当にお金がないとわかって、それなりに納得できたとのこと。これに対して、山形大学は、来年度の雇用経費が確保され、仕事も続くとわかっていても、「雇用が5年に達したから」「雇用経費が外部資金だから」と言って一律に大量の雇い止めをしようとしています。...

 10月3日の団体交渉で、東北非正規教職員組合と首都圏大学非常勤講師組合は、大学側の新規則案は現場の実態に合わないことを指摘し、まずは10月17日までに検討状況を回答するよう求めました。大学側は検討する旨を返答しました。

1. お金も仕事もあるのに雇い止め?現場実態に合わない新規則案

 就業規則に「5年上限」を導入して有期教職員の無期転換を回避しようとしてきた大学側は、組合との団体交渉を経て、今年2月「無期転換を可能とする規則整備を行う」と回答。

 しかし、この9月に大学側が示した新規則案は、5年上限を原則としたまま、それを「適用しないことができる」例外を部分的に拡げるというもの。
 しかも、雇用経費に「外部資金」が当てられている人は、一律に無期転換から排除されています。

 団交の場で上述の有期教職員の声に対する見解を求ると、大学側は「雇用経費も担当業務も続くなら、5年で辞めさせたポストには、代わりの人を雇う」などと言い放ちました。

 「同じポストに別の人を雇うなら、元の人を無期転換してほしい」と宮城労働局は東北大学に啓発指導をしています。「将来お金がなくなるかも知れない」という言い分がまかりとおるなら、日本中の経営者が無期転換を拒めることになってしまいます。
 山形大学は、これらの声を傾聴し、現場の実態を直視して、理不尽な雇い止めは撤回すべきです。

2. 無期転換を回避する目的は明白

 大学側は「有期雇用契約の更新上限を定めること自体は違法ではない」などと弁明します。これに対し、組合側は「厚労省は『5年にせよ』とは言っていないはず。なぜ6年や7年ではなく、5年なのか」と追及しました。

 大学側は「6年以上の更新上限なら普通は有期教職員側から無期転換申し込みがあるだろう」などと返答。組合側が「それでは、厚労省が戒めている『無期転換回避の目的』を自白しているのに他ならない」と指摘しても、まともな回答は語られませんでした。

 また、「外部資金の人」は5年で排除すると言うが、プロジェクトには6年や7年のものもあるのに、それが仕上げに入る時期にスタッフの首を斬るのか?と問い質しても、大学側は無回答でした。
 無期転換回避に執着する態度では現場の実態に合わないことは明白です。

3. 改定手続の不備~有期教職員の意思反映が不十分な現行就業規則

 有期教職員の意思を十分に反映しない従業員代表から意見聴取をしただけで就業規則を改定するのは大問題です。早稲田大学が刑事告発されて検察審査会から「不起訴不当」の議決も受けたように、厳しい対応を迫られます。

 山形大学では、現行の5年上限を定めた2012年の就業規則改定の際、有期教職員にも従業員代表に立候補する被選挙権があることも周知されず、非常勤講師などはそもそも選出手続きの対象外だった疑いがあると判明しました。組合側は、大学側が十分調査すべきだと求めました。

4. 更新上限への「同意」は強引すぎる

 大学側は「雇い止めについて個別にクレームがあれば個別に対応する。あなたは5年上限に同意したはずだ、と説明する」などと言います。

 しかし、組合側のアンケートでは「労働条件通知書が渡されていない」「部署名さえ間違っている」などの指摘も職員から出されています。労働条件通知書を見せられたその日その場で直ちにサインせよと迫られるケースもある、と前々回の団交で大学側も認めていました。しかも署名押印しなければ翌年度への更新はないと大学が断言していた状況下では、5年上限への「同意」は「真の合意」と言えるのか、事実上の強制であり無効ではないか、現場実態の調査が求められます。

5. 雇用財源を確保する努力を

 大学側は「外部資金はいつなくなるかわからない」から「一律に5年上限を設定する」という理不尽な態度を断ち切れず、組合側が3月に提案した「雇用調整基金や予備費」を設ける、資金提供先とは「打ち切り違約金」を定める、等々で雇用財源を確保しする努力については、検討さえしていなかったことが判明。

 「京大の山中先生のように、マラソンでも、あるいは組合と合同で駅伝でもやって、雇用財源の確保に奮闘奔走する本気を示しましょう」と呼び掛けても副学長は首をかしげていましたが、安定財源の確保については大学側も検討の意向を示しました。

6. 就業規則の5年上限は2017年度は不適用に。新規則については誠実な労使協議の続行を。

 団体交渉が遅延してきた今となっては、諸問題について誠実に協議を尽くすには時間が足りません。
 雇用不安にかられた有期教職員の中には、年内にも別の職場を探し始める人もいるでしょう。

 そこで私たちは、現行就業規則のままでも5年上限規定は「2017年度は適用しない」ことに大学側がするならば、組合側は「5年上限は無効」との見解は保留して、大学側の新規則案について協議を続ける、と提案しました。

 合わせて、10月17日までに、その検討状況についての誠実な回答が見られなければ、労働委員会への申し立てや労働基準監督暑への刑事告発も辞さない構えを示しました。

 かつての「3年雇い止め規定」から現行の「5年雇い止め規定」に改めたのは「なるべく長く働いて欲しかったから」と大学側も述べています。「長く働いて欲しいのは私たちも一致できる」と組合側は応じ、その趣旨を徹底して「希望者全員が無期転換できる」規則整備に向けて協議を続けよう、と呼び掛けました。


# by tohokuhiseiki | 2017-10-11 09:19 | 山形大学 | Comments(0)

山形大工学部長要請でいよいよ明らかに 
有期教職員もかけがえのない人材
やっぱり希望者全員の無期転換を

 東北非正規教職員組合は9月19日夕方17時15分から、山形大学工学部管理棟3階会議室にて、希望者全員の無期転換を求めて工学部長要請を行い、有期教職員や山形大学職員組合の役員など8人が参加しました。
 この中で組合側は、飯塚博学部長はじめ学部側に対し、有期教職員のうち雇用経費に外部資金が当てられている人などを無期転換させない大学本部の方針には明白な矛盾があることを、多くの具体的事実で示しました。
 有期教職員が語った具体的な事柄(※下記を参照)については、組合側が繰り返し水を向けても、学部側からは質問も否定の言葉も一切なく、そのまま事実として受け止められたと確認できる機会となりました。飯塚学部長は最後に、有期教職員から語られた具体的事実をひとつひとつ確認しながら、大学本部がさらにしっかり説明する必要がある旨、コメントされました。
 組合側は「今日の話をぜひ大学本部に伝えてほしい」と強く求めました。

※この日、有期教職員が語った話は、要旨以下のとおりです。

◆ 働き始めた時は○○、その次は△△、今は◇◇と、異なる外部資金が次々に獲得され、雇用が続いてきた。それを今後も続けられないのか。
◆ 来年3月で雇用が通算5年。雇用経費が外部資金だから雇い止めと言われている。でも今の職場で4月以降の雇用経費となる外部資金は既に獲得できていて、業務そのものは続くことが決まっている。
◆ 実は、外部資金による仕事の量は増えている。外部資金やそれによる仕事が「将来無くなるかも」という話を、なぜいま、大学側はするのか。
◆ 私の職場には有期教職員が4人いたが、1人退職し、今は3人で何とか回している。でも、私を含む2人が来年3月での雇い止めを通告されている。残る1人はまだ2年しか勤めていない。今まで4人で行っていた仕事を、残りの1人だけで来年度から回していけるだろうか。 
◆ 来年3月で雇い止めされたら、引き継ぎやその後の仕事で教授に余計なお手数をかけるのが心配。
◆ 外部資金の職場への異動もあると聞く。この状態では、今は雇用経費が外部資金ではないとわかっている自分も、本当に無期転換できるのか不安だ。

 さらに、以下のような切実な思いも語られ、学部側は真剣に聴き取っていました。

◆ 私は整理解雇を経験し、その後山大工学部で職を得た。会社に本当にお金がないとわかったので、整理解雇もそれなりに「納得」できた。大学本部は「無期転換した人を解雇すれば紛争化する」と言っているようだが、今の山大のやり方の方が、いたたまれない。来年度の雇用経費も確保できていて、仕事もあるのに「外部資金だから」「雇用が5年に達したから」というだけでなぜ雇い止めなのか。
◆ もっと経験や力を活かしたい。せっかく仕事がわかってきたのに、辞めるのは悔しく悲しい。

 大学側からは、黒田充紀副学部長や総務人事に関わる職員も同席されました。
# by tohokuhiseiki | 2017-09-26 08:44 | 山形大学 | Comments(0)

 有期教職員の無期転換権確保に向け、東北地方の国立大学7法人、国立高専6校、各県労働局6局を順次訪問・要請する「東北地方 国立大学・高専 無期転換キャラバン」を継続中です。
 第4ラウンドの9月20日は、福島県に参りました。ご対応くださいました皆さんに御礼申し上げます。要請先および対応いただいた担当者は下記のとおりです。
---------------------...

①福島労働局 雇用環境改善・均等推進監理官
②福島大学 人事課長
③福島工業高等専門学校 人事係長

---------------------

(1)
 福島労働局の担当者は、私たちの要請と響き合うように、大学を特に重視していると発言。管内では無期転換ルールに関するセミナーを開催し、各大学に文書で要請し、実際に足も運んで実態把握に努め、積極的な変化も生まれている様子を説明して頂きました。
 9~10月は無期転換ルールの周知を強化しているが、大学からはセミナー開催の依頼がなかったため、再度の働きかけを行う予定だとのこと。
 さらに、労働者から個別の相談があれば、啓発指導や助言指導など、しっかり対応していくし、労働者ひとりひとりに無期転換ルールをしっかり伝えたい、とのお話でした。
 組合側はこれらの対応に感謝の意を表しました。
 さらに、福島大学について、①現在3年の雇用更新上限がある契約職員やパートタイム職員の就業規則のもと、文科省調査への回答のように5年の雇用更新上限に変更した場合、それが運用の厳格化を伴うなどならば違法な不利益変更になり得るし、脱法的クーリングはないかなども問題になり得ること、②非常勤講師就業規則では無期転換できるのは一律に雇用が10年を超えた後とされているが、実態は5年を超えれば法定の無期転換権が発生する場合が大半ではないか、などと指摘。労働局側も深い関心を示していました。
 組合側は、今後、組合主催のセミナーに労働局から講師を招くことなども検討したいと述べました。

(2)
 福島大学では担当者が要請書を受け取り、対応を検討する、と述べました。
 組合側は、更新上限をなくした秋田大学、筆記試験による選抜の方針を取り止めて希望者の無期転換に道を開きつつある名古屋大学など、全国の組合の交渉や運動による最近の変化の例も挙げながら、5年の雇用更新上限を新たに設けるのでなく、上限を無くして欲しいと求めました。

(3)
 福島高専の担当者は、要請書を受け取り、対応を検討すると述べました。
 非常勤講師の多くがいわき市やその周辺など近隣の大学に本務校を持っているか、退職者の再雇用であるとのこと。しかし、その後任の確保には、担当教員を中心に一定の苦労がある様子も示唆されました。
 組合側は、今後、組合員も含む若い世代や働き盛りの非常勤専業の人などが非常勤講師となる可能性に触れ、人材確保のためにも、仮に授業が半年空白になってもこれをクーリングとせず、通算5年を超えたら無期転換を認めることなどを重ねて求めました。


# by tohokuhiseiki | 2017-09-22 09:07 | お知らせ | Comments(0)

労組奮闘で筆記選抜中止
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-09-14/2017091401_04_1.html
# by tohokuhiseiki | 2017-09-14 18:17 | お知らせ | Comments(0)