東北非正規教職員組合は、山形大学職員組合などとも協力して、希望する人全員が無期転換できるよう、山形大学と団体交渉を進めてきました。大学側は2月28日の団体交渉で、平成29年6月を「目標時期」の「目処」として「無期雇用への転換を可能とするための規則整備を行う」と回答しましたが、以下の重大な問題が残されており、まだ安心できません。
-----------------------------------------------------------------------------------...
【重要①】大学が示した方針では、以下の職員のみ対象となっています。
《2013年4月1日以降採用かつ5年の雇用期間が終了した者》

 一番早い適用者は2018年3月31日で5年目の雇用が終了する職員です。6年目は無期転換の申し込み期間とし、7年目から無期雇用となります。ただし下記【重要③】【重要④】の問題が残されています。希望する人全員が無期転換できるよう、交渉を継続しています。

【重要②】2018年3月31日より前に5年の雇用期間が終了してしまう方

 組合にご相談ください。それ以外の方も、該当者についての情報をお寄せください!
 大学側は、2013(平成25)年3月31日以前から雇用され、2018(平成30)年3月30日までに通算5年に達する有期教職員を、上記の規則整備の対象から外し、無期転換させないと述べています。この中には、今年の3月末までに通算5年となり、雇い止めされそうになっている人や既に雇い止めされた人もいます。
 東北非正規教職員組合や山形大学職員組合は、この間の経過措置の妥当性を再検証すれば、この方々についても5年を超えて無期転換できる可能性があると考え、大学側に申し入れてギリギリの交渉を続けています。
 長く大学に貢献してきた人を差別して切り捨てるのは許せません。どうぞ情報をお寄せください。

【重要③】労働条件通知書に「更新しない」と書かれる可能性があります。

 可能性があるのは、次回の契約終了時に雇用が通算5年に達する人です。
 大学側は「無期転換を可能とする」としていますが、現状ではまだ、その「規則整備」を今年6月を目処に行う予定だとしているだけです。何らかの事情変更が生じないとも限りません。
 東北非正規教職員組合が交渉を続けた結果、3月10日山形大学から、以下の暫定的な回答を得ています。
(1)労働条件通知書は、少なくとも3月17日までは、有期教職員に対して提示しない(準備の都合で提示できない)。
(2)労働条件通知書に対する有期教職員の同意署名については、提示したその場で求めることはせず、遅くとも次期雇用契約が発効する2017年4月1日までに行うよう求める。
(3)労働条件通知書、および、これに添える「説明文」(無期転換を可能とする規則整備を6月を目処に行うことなどについて)については、有期教職員に提示する前に、案の段階で、東北非正規教職員組合に提示する。
 東北非正規教職員組合は3月3日以来、山形大学に対し、要旨以下のような要求を提出して交渉を継続しています。
 交渉の成否を分けるのは、何よりも皆さんから寄せられる情報や組合員数です。引き続き、ご理解ご協力をよろしくお願いします。

①労働条件通知書には不更新条項を記載しないでください。
②不更新条項を記載するのであれば、有期教職員が「不更新条項に不同意」と添え書きして署名押印しても、不更新条項を除く労働条件を内容とする雇用契約が成立することにしてください。
③不更新条項を記載するのであれば、本年6月を目処に就業規則を変更することなどにより、5年を超えても希望者の雇用が更新されることなど記載した説明文書を配布してください。この説明文書は、配布前に、東北非正規教職員組合に文案を示し、内容について折衝に応じるようにしてください。

【重要④】5年を超える必須条件:「雇用経費」や「担当業務の継続性」

 東北非正規教職員組合は、有期教職員に不利にならないよう、要旨以下のような要求を大学側に提出して交渉を続けています。
 詳しくは組合にお問い合わせください。交渉の進捗状況などをお知らせします。

①整理解雇の四要件をふまえて「規則整備」を行ってください。
②「雇用経費」が不足しても、大学内に就労可能な職場がある限り、原則として給与等の労働条件は従前のまま雇用更新を行う旨、就業規則に明記してください。
③雇い止めを目的として「担当業務」の廃止や中断を行わないのは勿論のこと、他の理由で廃止や中断がやむを得ない場合でも、配置転換の可能性を探るなど、雇用継続のために最大限の努力をしてください

 繰り返しになりますが、交渉の成否を分けるのは有期教職員の皆さんから寄せられる情報や、組合加入です。
 引き続きご理解、ご協力をよろしくお願いします。


by tohokuhiseiki | 2017-03-15 12:58 | 山形大学 | Comments(0)