【拡散希望】都留文大、5年以上勤めたら「自動的」に無期転換(有期雇用職員と非常勤講師)

合理的な理由なしに雇い止めはしない

(首都圏大学非常勤講師組合からの情報による)

 10月19日、都留文大において同教職員組合と大学側との団体交渉が行われました。

 大学側は、同大学の有期雇用職員と非常勤講師について、「合理的な理由なしに雇止めをすることはない(労働基準法第19条に準拠)」と回答。
 その上で同団体交渉では、労働契約法第18条の無期転換権をふまえ、有期雇用職員と非常勤講師が5年以上勤めた場合「自動的に無期に転換する」ことも確認されました。
by tohokuhiseiki | 2016-12-24 11:35 | お知らせ | Comments(0)