【拡散希望】東京工業大学 雇用の「5年上限」適用遅らせ2018年4月は無期転換を検討

詳しくは「団体交渉報告」をご覧下さい。
 首都圏大学非常勤講師組合と東京工業大学職員組合の共同の成果です。
 雇用の「5年上限」がある大学でも、共同の団体交渉により、その適用を遅らせ、無期転換を実現できる可能性が生まれています。
 非正規の組合に対しチラシの配布や宣伝を禁止しないことも、あまりにも当然のことです。
f0362679_21340446.jpg

by tohokuhiseiki | 2016-11-30 21:37 | お知らせ | Comments(0)